肌や毛穴がくすんでしまう原因はなに?

肌がくすんでしまうと、実際の年齢よりも見た目が老けて見られるようになります。 肌や毛穴がくすんでしまう原因には色々なものがあるため、それぞれに対策を取りましょう。 まず、紫外線によってメラニンが生成して、これがくすみの原因となることがあります。 特に夏場はきちんと紫外線対策をしてから外出しておかないと、くすみができやすくなるでしょう。 また、冬場であっても紫外線の強い日はあるため、天気予報でその日の紫外線の情報を調べておきましょう。


化粧や皮脂などの汚れが肌に残ってしまい、それがくすみとなってしまうこともあります。 これはきちんと洗顔をすることによって、確実に防ぐことができるため、毎日意識しましょう。 注意点として、洗顔料やクレンジング剤などが皮膚に残ってしまうと、くすみの原因となります。 十分に水ですすぐことによって、皮膚の表面に何も残らないようにしましょう。


冷え性や運動不足などで血行が悪くなることによって、肌の色がくすんで見えることがあります。 対策としては、運動や入浴などで血行を促進させて、血液がきちんと流れるようにしましょう。 肌の表面が乾燥することによって、細胞がはがれやすくなりくすみが生じることがあります。 必要以上に顔をこすってしまうと乾燥しやすいため、顔を洗ったりタオルで拭くときには優しくしましょう。 洗顔をきちんとするだけではなく、その後に化粧水によって保湿ケアをすることも大切です。 毛穴がくすんでしまう場合は、しっかりと洗顔をして、その後に美容液を使ったり、冷たいタオルを当てることで毛穴を引き締めましょう。

年齢を重ねてくると皮膚老化が進み、毛穴もたるみがちになります。たるんだ毛穴は口も大きく広がり、皮脂や角質も若い頃に比べると少ない量でも溜まりやすくなってしまいます。毛穴対策の基本ケアを行いながら肌のハリや弾力を戻すコラーゲンやヒアルロン酸といった成分を補うようなケアをすることが大切です。


たるみ毛穴の改善ポイントも洗顔が大切

たるみ毛穴ケア洗顔特集さんによると、くすみ肌の原因にもなりやすい肌や毛穴のたるみは化粧品だけで改善することが難しいとされています。確かに毛穴を引き締める作用のあるコスメは大事ですが、成分が浸透しないと意味がありませんよね。同サイトでもたるみが改善されない一つの要因としては、毛穴が詰まっていて、毛穴を改善する有効成分が角層まで届いていないのではないか?といった判断です。

これは私も思うことがあり、当然、毛穴に詰まった汚れを排泄してあげないと保湿も美容成分も浸透しなく、肌に閉じ込めることができません。毛穴を詰まらせると実はアクネ菌も繁殖してしまいます。これはニキビの原因菌とされる細菌です。アクネ菌は毛穴のような奥ばっており、油分を好物としています。たるみ、くすみ、ニキビといった3弾パンチを食らわないように正しく、早くに毛穴ケアをしていくことが年齢を重ねてくるとより重要になってくることがわかります。

くすみ洗顔ランキングを見る