30代からのくすみ肌対策!最も大切なことは?

加齢とともに肌に異常が生じることが多くなるのですが、その中でも厄介なのがくすみです。 仕事で忙しくなり、子育てや結婚などでストレスを抱えることが多いのも、くすみが生じる原因となります。 加齢によりくすみができる原因としては、皮脂の分泌が増加して、それが酸化することが原因です。 皮脂は、加齢やストレスなどでホルモンバランスや自律神経が乱れることで分泌量が増えます。 そのため、毎日のスキンケアを欠かさず行うことだけではなく、生活習慣を改善させて、ストレスを軽減することも大切です。


日常生活でできるくすみ対策として紫外線対策をきっちりと行うことはとても大切です。 紫外線は肌の組織や細胞を破壊してしまう効果があるためとても危険なのです。 特に紫外線の強い日に外出する時にはきちんと肌に日焼け止めやUVカットなどを用いましょう。 紫外線対策を面倒だからとやらないでおくと、その影響が将来あなたを苦しめることになります。


普段の食生活も大切であり、特に緑黄色野菜や果物を食べることによってビタミンCを補給することは大切です。 特定の栄養が不足していると、それによって肌のくすみはどんどん酷くなってしまうでしょう。 そして、くすみ解消や予防のために最も大切なことは毎日の洗顔をきちんと行うことです。 特に化粧はしっかりと落としておかないとくすみが生じてしまう原因となります。 化粧を落とさずに寝てしまうようなことがあれば、肌に大きなダメージを与えます。

洗顔後は水分を与えて保湿重視

洗顔後は化粧品でケアをするのはとっても有効。というかやった方が良いのは当たり前です。特に皮脂分泌を抑える。皮脂を吸着するようなタイプの化粧品がベスト。ただし自分の分泌されている皮脂だけで潤いをキープできる場合には余計な化粧品を使うことはかえって肌環境を悪化させる原因にもなります。


だからといって化粧水も使わないのはNGなので注意をしておくようにしましょう。皮脂と水分というのはまったくの別物。皮脂によって肌乾燥がなくても水分が足りなくて乾燥しているケースもあります。ですから水分を与えることができる化粧水はどんな状況においてもマストアイテムに変わりはありません。


間違ったケアとしてはその後に乳液やクリームといった油溶性の化粧品を使っている場合。皮脂膜が十分にある状態で油溶性アイテムを使うとより皮脂が多くなり、毛穴を詰まらせたり、ニキビ菌の活性化を生んでしまいます。ここは注意をするように心がけるようにしましょう。

くすみ洗顔ランキングを見る